親子留学とはAbout parent and child studying abroad

親子留学のメリット

低年齢のお子様の留学を考えるとき、親子留学なら環境の変化に対するお子様の不安を和らげ、苦労や喜びを親子でシェアできるというメリットがあります。また、親御様みずから海外生活を体験することは、その後の教育方針を考える上で大変有意義な時間となるはずです。また、お子様の就学時間を利用して親御様も新たな「学び」にチャレンジする絶好の機会です。

グローバル化の時代、なかでも成長著しいアジアに注目が集まるいま、マレーシアは英語や国際感覚を身に付けるのにふさわしい土地だといえます。さらにマレーシア留学にはこんなメリットも……

親子留学のメリット

親子留学で、マレーシアがクローズアップされている理由

マレーシアの人達が、一番好きな国は日本。
マレーシアの現地調査によると、実に国民の89%(※)の方が、「日本を好き」と言ってくださっています。
※クロスマーケティング調べ(2015年4月13日)

世界中の国を探しても、ここまで「日本人を好き!」と言ってくれる国は、あまりありません。

語学留学は、いかに現地の人達と仲良くコミュニケーションできるか?がポイント。

マレーシアの生活では、大好きな日本人を暖かく迎え入れてくれるので、はじめての留学でも、スムーズに、現地の生活に溶け込むことができます。

MSCでは、お子様に、マレーシア留学をきっかけとして、アメリカ・イギリス・オーストラリアなど、世界の色々な国にどんどん羽ばたいて欲しいと思っております。

親子留学・留学旅行とは?
親子留学とは、親と子が共に海外生活を体験し、英語をはじめとした数々の「学び」に触れる体験です。
これまで留学といえば高校生・大学生が中心でしたが、2020年の小学生の英語教育義務化に伴ない、幼年期より、国際体験をさせる事により、子ども自身が、英語に興味を持つきっかけを与えようとする親御様が増えています。
期間は、2週間程度の短期から、1年以上の長期。
さらに、3日~1週間で、気軽に家族旅行のついでに行かれる、「留学旅行」をされるご家族も増えています。
3世代でも楽しめます!
マレーシアは定年後の移住先としても安定した人気を誇る国です。
年間を通じて温暖な気候で、日本語スタッフが常駐する医療施設もあり、和食や日本 食材も豊富に揃うので、おじいちゃま・おばあちゃまとの3世代ステイにもやさしい環境です。
まずは休暇を利用したロングステイ体験からスタートし てみては。また、長期滞在なら各種優遇が受けられるMM2Hビザ制度もあります。
  • img01
  • img02
  • img03

留学期間について

親子留学は、家族旅行の延長で1週間程度行かれる、「留学旅行」から、長期の休みを利用する「短期留学」、移住を前提とした「長期留学」の3種類あります。
MSCでは、日本の教育との両立を考え、「留学旅行」、短期間の短期留学を推奨しております。詳しくは、MSC留学アドバイザーにご相談ください。
※MSC専用LINEで、相談に応じます。まずは、こちらにお問合せください。

気軽に家族で行ける「留学旅行」
ゴールデンウィークや、シルバーウィーク等のまとまった休みの時に、家族旅行として、語学習得を目的として3日~1週間程度で行かれる留学プランです。親御様も英語を学ぶことが可能です。
長期の休みを利用した「短期留学」
ホリデー型は、どなたでも気軽に留学体験ができます。将来教育移住をお考えのご家族にとっても、視察の機会としても有益です。春休み・夏休み・冬休みを中心に、MSCオリジナルの短期留学プランがございますので、詳しくは留学アドバイザーに、ご相談ください。

ホリデー型(短期)詳細

■留学形態・期間
2週間~3ヵ月
■参加・入学条件
特になし
■必要な語学力
特になし
■費用の目安
親子2名で2週間~40万前後~
※授業料+課外活動+滞在費+空港 送迎
※日本からの航空券含まず
■ビザについて
不要(3ヵ月以内)
*学校によってはビザ取得を求められる場合もあります。
■住まいについて
・寄宿舎または提携アパート
・ホテル、サービスアパート

Close

現地の教育機関に入園・入学して学ぶ「長期留学」
長期留学は生活拠点をマレーシアに移すことが前提になります。現地のインターナショナルの入学試験をパスすることが必要となります。また、学校によっては保護者の国籍や在留資格などの規定を設けていることもあります。

長期留学

■留学形態・期間
1年~
■参加・入学条件
入学試験あり
■必要な語学力
各教育機関が求めるレベル
■費用の目安
学 費
インターナショナル校(幼稚園~高校)の場合、 年間授業料40万円~150万円程度(学校・学年 により異なる)+諸経費
滞 在 費
・コンドミニアム月額7万円前後~
・寄宿舎(子供用)年間50~80万円程度
■ビザについて
就学パス(=学生ビザ)が必要。
※未就学児は必ずしもビザ取得ができるとは限りません。 この場、保護者がMM2Hビザ等の滞在資格を取得し同伴 する方法があります。
■住まいについて
・寄宿舎
・コンドミニアム

Close

短期留学 長期留学
留学形態・期間 2週間~3ヵ月

※参加するプログラムにより異なります。

1年~
参加・入学条件 特になし 入学試験あり
必要な語学力 特になし 各教育機関が求めるレベル
費用の目安 親子2名で2週間~30万前後~

※授業料+課外活動+滞在費+空港 送迎
※日本からの航空券含まず

学費
インターナショナル校(幼稚園~高校)の場合、年間授業料40万円~150万円程度(学校・学年により異なる)+諸経費
滞在費
・コンドミニアム月額7万円前後~
・寄宿舎(子供用)年間50~80万円程度
ビザについて 不要(3ヵ月以内)

*学校によってはビザ取得を求められる場合もあります。

就学パス(=学生ビザ)が必要。

※未就学児は必ずしもビザ取得ができるとは限りません。この場、保護者がMM2Hビザ等の滞在資格を取得し同伴する方法があります。

住まいについて ・寄宿舎または提携アパート
・ホテル、サービスアパート
・寄宿舎
・コンドミニアム

*上記はあくまで目安です。学校やプログラムにより内容は異なります。

どんな学校・教室で学べるの?

■キッズ教室

体操、ダンス、アート、音楽など、小さなお子様を対象とした教室です。 ジャンルに特化した教室もあれば、時間割によって複数のジャンルを揃えた総合的な教室もあります。ロケーションは住宅街やショッピングモールの中などに多く、外国人居住者の多い地区なら多国籍のお友達と触れ合うこともできます。
一定の受講期間を設定している場合もあれば、1回のみの参加が可能な教室もあるので、滞在期間や目的に合わせて選びましょう。

キッズ教室

■プレスクール・ナーサリー

日本でいう幼稚園(プレスクール)・保育園(ナーサリー)とお考えください。大学やインターナショナル校に設置されていることもあります。
この場合、中長期的な通園が前提となりますが、施設によっては体験入園やホリデープログラムの形で短期間の受け入れに応じていることもあります。

プレスクール・ナーサリー

■語学学校・英会話教室

海外に本校を置くグローバルな語学学校、英会話教室、大学付属英語コースなど、さまざまな形態があり、それぞれに特長も異なります。
語学学校は詳細なレベル別学習を通じて「効果的に語学力を向上させる」ことに主眼を置いています。
子供用のコースはあまり多くありませんが、現地の学校休暇に合わせた短期プログラムを実施していることもあります。
英会話教室は幅広い年代を受け入れており、キッズ向けのクラスではゲームや歌などを通じて「英語に親しむ」ための工夫を凝らしています。大学付属の英語コースは、学部進学予定者のための補習コースとして設置されているもので、高校生や社会人も参加可能ですが「海外のキャンパスライフを体験しながら英語を学ぶ」ことが目的の方に適しています。

語学学校・英会話教室

■インターナショナル校

クアラルンプール・ペナン・ジョホールバルを中心に数多くのインターナショナル校があり、大半は幼稚園~高等部まで揃っています。充実した施設もインターナショナル校の大きな魅力で、なかには寄宿舎を備えた学校もあります。正規入学が前提となりますが、一部のインターナショナル校では休暇向けの短期プログラムを開講していることもあります。
一口にインターナショナル校といっても、イギリス式、アメリカ式、カナダ式など複数のカリキュラムがあり、学校によって授与される修了資格(国際バカロレア資格、ケンブリッジAレベルなど)が異なります。

インターナショナル校

カリキュラムについて

ホリデー型の短期プログラムでは「語学レッスン+アクティビティ」をそれぞれ半日ずつ組み合わせたものが中心です。アクティビティの時間はマレーシアの文化や自然体験スポットを訪問して、楽しみながら英会話の実践ができます。

語学学校は通常レベル別学習となり、最初にプレイスメント・テスト(クラス分けテスト)を受けて該当するレベルのクラスで学びます。読む・書く・聞く・話すといった要素をバランスよく学びます。英語に親しむことや会話力の向上を

インターナショナル校は、その学校が採用する国際カリキュラムに基づいて運営されています。入学時期や学期(セメスター)も学校により異なります。

将来的な教育移住をお考えの方へ

マレーシアには各種インターナショナル校や欧米式カリキュラムに基づく現地校など、英語による教育環境が充実しており、経済的負担も少ないことから、長期的な留学(進学)先としても話題にのぼるようになっていま す。
MSCではまず短期の体験プログラムを通じてマレーシアの教育事情・生活環境に触れてみることをお勧めしております。

  • MSCからの留学先マズ・インターナショナルスクールが紹介されました!
  • MSC 一般社団法人 マレーシア留学センター とは?
  • MSCがメディアに紹介されました
  • 親子留学とは
  • 参加者の声
  • 子ども英語教室 代表インタビュー
  • フォトギャラリー
  • 留学までの流れ
  • アクティビティ
  • MSCの安心サポート
  • マレーシア政府観光局
  • Penang GLOBAL TOURISM
  • サバ州政府観光局
  • 提携旅行代理店 株式会社トップトラベルサービス
  • facebook

PAGE TOP